大会概要

大会テーマ: メンタルヘルスから考える地域生活

日程: 令和元年 127日(土)・8日(日)

会場: 別府大学»

           〒874-8501 大分県別府市北石垣82

懇親会会場: 大分香の博物館 カフェササンボン»

大会長: 西村靖史(別府大学文学部人間関係学科)

副大会長: 矢島潤平(別府大学文学部人間関係学科)

事務局長: 川﨑 隆(別府大学文学部人間関係学科)

顧問: 影山隆之(大分県立看護科学大学)、中野明徳(別府大学文学部人間関係学科)

主催: 別府大学

後援: 大分県公認心理師協会

資格更新関係: 大会参加者には臨床心理士に2ポイント

開催までのスケジュール

事前参加締め切り日:令和元年11月17日(日)

事前参加振り込み締め切り日:令和元年11月25日(月)

演題申し込み締め切り日:令和元年8月31日(土)

抄録提出締め切り日:令和元年10月31日(木)

プログラム

■大会長講演:「メンタルヘルスから考える地域生活(仮)」

座長:未定

講演者:西村靖史(別府大学)

■シンポジウム :3セッション

精神衛生活動におけるエビデンスとは何か

コーディネーター:中野明徳(別府大学)

話題提供者:

「心理の立場から」:川崎  隆(別府大学)

「看護の立場から」:河野由里(京都光華女子大学)

「福祉の立場から」:大谷京子(日本福祉大学)

 

共生社会の在り方を求めて

コーディネーター:大嶋美登子(別府大学)

話題提供者:

「当事者&福祉施設の立場から」:山下達夫(太陽の家) 

「家族の立場から」:安部綾子(大分県てんかん協会)

「精神医療の立場から」:山本隆正(山本病院)

 

教育から社会への接続

現在調整中

■MCRT:大会1日目(12/7)の午後

タイトル未定

講演者:下地明友(熊本学園大学)

■ワークショップ(大会2日目(12/8)の13:30~15:30)

自殺対策ゲートキーパー研修の作り方

講演者:未定

■一般演題発表:口頭発表orポスターセッション

大会1日目(12/7)の11:00~12:00、13:00~14:00、大会2日目(12/8)の10:00~11:00を予定しております。 発表者は、1号館1階エントランスホールにて発表受付をすませてください。

■理事会:大会1日目(12/7)の12:00~13:00に31教室にて実施します。

 

■総会:大会2日目(12/8)の11:30~12:30にメディアホールにて実施します。

 

■懇親会:初日の夜(12/7)に開催です。本学に併設している、大分香の博物館の1階サ・サンボンにて行います。大分の名産を中心に素敵なメニューを組んでいます。また、理事長を中心にミニコンサートも行います。是非ご参加ください。

プログラム表